社会保険労務士の方が適切なアドバイスをくれました

社会保険労務士とは、労働や社会保険に関連する法律・人事・労務管理の専門家のことをいいます。
私はこの職業名を聞いたことはありましたが、一体どんな仕事をする人なのかは全くわかりませんでした。
私が初めて社会保険労務士と話をしたのは、当時勤めていた会社とのトラブルで困っている時でした。
無料で相談にのってくれることを知り、申込みをしたのです。
一通りの状況説明をすると、相談にのってくれた社会保険労務士は、私にとって適切なアドバイスをしてくれました。
そのアドバイスをもらった時の私の感想は『自分が悩んでいたことは、こんなに簡単に解決できるんだ』ということでした。
仕事をしていくうえで、本来雇用者と労働者は同等の立場でなければならないのですが、実際には労働者のほうが弱い立場にあるような気がします。
その弱い立場である労働者にとって、専門的な知識ややるべきこと等をアドバイスしてくれる存在というのは、とても頼れる存在です。