毛染め種類と染める方法はどんなのがある?

その中でも染毛剤は、大きく分けて3種類に分けることができます。
毛の染め方にそれぞれ違いがあり、それによって仕上がりにも差がでてくるのです。
まず、1番簡単なタイプを紹介すると、一時染め用の染毛剤というのがあります。
これは髪の毛のたんぱく質と酸性の染毛剤を結合させることで色をつけるものです。
そのため、髪の毛のコーティング効果もあることが特徴だと言えるでしょう。
髪の毛を洗うごとに染料は落ちていきますが、それでも半月以上は持つとされています。
そして、1番色が長持ちする染毛剤がヘアカラーです。
その分髪の毛への負担も大きいですが、何回も毛染めをする手間を省くことができるのです。